合同墓

おひとりさまや後継者のいない方にとって、一般墓地や樹木葬墓地と並び検討されるのが合同墓です。合葬墓、合祀墓、など寺院や霊園によって呼び方は様々ですが、合同墓とは複数のご遺骨が1カ所に集められて埋葬(または収蔵)されるお墓のことです。
合同ということは、お墓や納骨堂での個別供養ではなくご自身や家族以外の方々も一緒に入るということになります。法要についても多くは合同法要で行われます。個別の墓地や墓石を必要としないので費用は安く抑えられますが、合同墓に埋葬されますと通常は後にご遺骨を取り出すことは出来ません。
近年増えてきている納骨堂や樹木葬墓地の多くは個別区画の一定の契約期間が過ぎると納骨場所から取り出されて合同墓に移されます。お参りに来る方がいる間は個別区画にご納骨し、その後合同墓へという流れもありますし、ご先祖の墓守が自分で最後になるので墓じまいをして合同墓へ移しご自身もいずれそちらに入るという流れもあります。
お墓を管理・継承される方がいないと、いずれは無縁墓(供養してくれる者がいないお墓)になってしまいます。合同墓に永代供養が含まれていますと、墓守りに代わり寺院や霊園がご遺骨の供養や管理を行なって下さいます。無縁墓としないためにも終活の一つの考え方として永代供養の合同墓でのご供養も選択肢の一つとなってきています。

まずはお気軽にお問い合わせください。

令和シニアライフサポートでは、お墓のお引越し(墓じまい・改葬)もお手伝いしております。

墓じまい

03-6423-1160
お問い合わせ